国内の天然ガス

水溶性天然ガス鉱床分布図

ここに示す地図のとおり、日本国内には北海道、沖縄を含む全国の主な平野部に水溶性天然ガス鉱床が広がっています。かつてはさまざまな地域で生産されていましたが現在では千葉、新潟、宮崎が主な生産地となっています。

天然ガス生産の歴史を振り返ると、水溶性天然ガスの生産は昭和45年にピークを迎え、この頃には国内生産量の約30%を占めていましたが、平成24年には約12%程度となっています。グラフを見て明らかなように、昭和40年代後半から現在に至るまで国内生産量の大部分は構造性ガスが占めており、主に新潟県で生産されています。

産業の発展に呼応して天然ガス需要量も伸長した結果、国内生産量だけではその需要量を満たすことが不可能になり、現在では輸入LNG(Liquefied Natural Gas:液化天然ガス)が供給量の90%を超え、多様な地域から天然ガスが輸入されています。しかし、これらの中にあって水溶性天然ガスはその質の高さと海外情勢に左右されない国産資源として一定の水準で需要を得ています。

鉱床別天然ガス生産量(国内)

お問い合わせはこちらまで

お電話

(受付時間:9:00 ~ 17:00)

製品について

03-3566-0343

採用、その他について

03-3566-0341

お問い合わせはこちらまで

製品について

03-3566-0343

採用、その他について

03-3566-0341
受付時間:9:00 ~ 17:00
  • 採用情報
  • ヨウ素と天然ガスの基礎知識
  • 磯部鑛石資料館
ページの先頭へ