千葉の天然ガス

千葉県の水溶性天然ガスの発見についてはさまざまな説がありますが、記録で残っているものは明治24年に大多喜町で発見されたものがあります。現在は「天然瓦斯井戸発祥之地」の記念碑が建立されています。

歴史的に天然ガスの需要は、この地区のメタン濃度の高い天然ガスが昭和40年代に電気機械工業用真空管の製造に利用されたことから石油化学工業と並立して天然ガス化学工業がこの地区に興り、天然ガス需要が飛躍的に増加しました。

当社は昭和9年に千葉県大多喜町におけるかん水からのヨウ素生産に始まり、昭和30年代初頭に化学工業用に天然ガスの生産販売を開始しました。昭和40年代には都市ガス用にも供給するようになっており、現在は総生産量の約80%が都市ガス用となっています。

天然ガスの安定供給を確保するため、東京湾へ向かう輸送管である「内湾線」をはじめとする天然ガスパイプライン、大容量のガスホルダーをはじめとした各種設備を整備するとともに、テレメーターシステムを用いた監視制御を整備し、生産から供給までの全過程を一貫して制御する管理体制を確立しています。

天然ガスは数少ない国産エネルギー源であり、その供給の一翼を担う当社の社会的責務も大きく、安全で安定した天然ガスの供給を確保するために、今後も最大限の努力を続けていきます。

天然ガスの生産から供給までの流れ

お問い合わせはこちらまで

お電話

(受付時間:9:00 ~ 17:00)

製品について

03-3566-0343

採用、その他について

03-3566-0341

お問い合わせはこちらまで

製品について

03-3566-0343

採用、その他について

03-3566-0341
受付時間:9:00 ~ 17:00
  • 採用情報
  • ヨウ素と天然ガスの基礎知識
  • 磯部鑛石資料館
ページの先頭へ